#コロナウイルスとワクチンをやさしく解説

ひとりごと, 伝えたいこと, 知った・見つけた, 考えてみた

なぜ新型コロナウイルスが恐れられているのか?


新しい感染なので、恐怖や不安が多い
感染力がインフルエンザ並みに強力
治療薬がない
感染者が多数で医療体制が追い付かない
感染により死に至ることがある
感染後、回復しても深刻な後遺症がのこることがある
感染しても発症しないことがあり、感染経路がわかりづらい
季節による感染力の強弱がない

新型コロナウイルス感染しないための個人対策への理解が不十分

当面の対策は?


マスク着用・手洗い・手の消毒→個人の対策
密集・密接・密閉を避けて、感染しやすい環境をつくらない
規則正しい生活・バランスのいい食生活・快眠・適度な運動などで、免疫力を高める
ワクチン接種により、感染を防ぐ

体温・体調変化に気を配り、必要に応じてPCRなどの検査で自分の状態を知る


一人が1人以上に感染させていくと急速に感染者が増えていく
一人が1人以下の感染ならば、感染者が減っていく

感染者が少なければ、感染が収まっていく

ワクチンとは?


ワクチンは治療薬ではない。
ワクチンは、ウイルスのふりをした偽のウイルスのようなもの
偽のウイルスが体に入ると、体の中で偽のウイルスをやっつける抗体ができる

ワクチンは体の中で防災訓練をやるようなもの

ワクチンは人間にとって無害な偽のウイルス
RNAは、ヌクレオチド(鎖)が1本だけ
DNAは、ヌクレオチドが2本あるので分割できる
ウイルスはRNAによって増殖する
ところがヌクレオチドが1本なので、自分では分割できない
他の生物に入り込んで、生物の増殖に合わせてウイルスが増殖する
自分で増殖できないので、ウイルスは「生物」ではないといわれる