東京ドーム1個分ってどのくらい?

心覚え, 知った・見つけた, 考えてみた, 覚えたいこと

テレビなどで、

東京ドーム100個分と同じ程度の面積が・・・

こんな表現をよく聞きます。

わかったようで、わかりにくい表現です。

なので、理解しやすいように工夫したいと考えました。

まずは、東京ドームの大きさを測定

Googleマップで東京ドームの大きさを測定します。

距離測定の開始ポイントを右クリックし、「距離を測定」をクリックします。

丸印が表示されるので、ドラッグすると距離が測定できます。

東京ドーム周囲の距離を測定しました。

おおよその数値を記録し、四角形と台形に分割しました。

台形は(上底+下底)×高さ÷2

( 96 + 216 ) ×61 ÷ 2 = 9,516㎡

四角形は、長辺×短辺

170 × 216 = 36,720

四角形と台形の合計は、46,236㎡

Wikipediaには、面積:建築面積である46,755m2 と書かれていました。

wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0_(%E5%8D%98%E4%BD%8D))

東京ドームの面積を45,000㎡として計算していきます。

正方形の、4万5千平方メートルという面積は、1辺が212メートルです。

おおよそ、200メートルとして計算してもいいでしょう。

200メートルは、おおよそ徒歩で3分です。

正方形の土地を歩いた場合は、1周で12分です。

東京ドーム100個分とはどのくらいの大きさでしょうか?

1辺が東京ドーム10個分、つまり200メートル×10個分。

1辺が 200m × 10 = 2 ㎞ の距離で囲まれている正方形が、東京ドーム100個分になります。

2㎞という距離は、徒歩で30分です。

ただ、直線距離で200mという長さなので、実際はもう少し時間がかかるでしょう。

ロサンゼルス近郊で山火事発生、東京ドーム900個分の広さを焼失 500世帯が避難

2020年8月14日(金)10時12分

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/900500.php

東京ドーム900個分というと、1辺が30×200m、なので、1辺 6km の正方形を思い浮かべるといいでしょう。