脳の健康を保てる5つのちょっとした習慣

報告

https://gigazine.net/news/20200606-brain-health-daily-activities/

この記事は、上記サイトを参考にしました。

歩くこと

歩くことで、認知機能を維持していける研究結果があるようです。

NHKスペシャルでも、有酸素運動が「うつ」の改善になるといっていました。

2:お茶を飲む

お茶が「脳の各領域の相互接続が効率的」になるようです。

3:禁煙などにより心臓をいたわる

血圧、肥満度などのスコアが良ければ、認知テストのいい結果につながるそうです。

血圧安定には、禁煙がいいようなので、喫煙習慣は断念したほうがよさそうです。

4:不要な情報を忘れる

人間の記憶の本質的な目的は、正確な情報を長期間保有することではなく、貴重な情報だけを保管することでより知的な意志決定が行えるよう最適化することです

と、カナダの学者さんが唱えているようです。

人が生きていく過程で、脳が常に別々の記憶をいくつも思い起こしていると、人は記憶に基づいた意志決定を行うことが難しくなります。大切なのは、1972年に優勝したアイスホッケーチームがどこかを覚えていることではなく、状況に応じた意志決定ができる知的な人間になることです。そして、そのためには不要な情報を忘れることが重要なポイントになります

カナダ・モントリオール神経研究所の神経学者で、マギル大学コンピュータサイエンス学部のAI研究者でもあるブレイク・リチャーズ氏

5:適量の飲酒

飲酒は脳を老化させることや、適度な飲酒であっても脳卒中のリスクは高まることが判明しているため、アルコールが脳の健康にいいというのは意外に思えます

低レベルのアルコールを摂取すると炎症が抑制され、アルツハイマー病に関連するとされる毒素の除去が促進されると考えられます。これまでの研究でも、高容量のアルコールが認知機能低下リスクを増大させる一方で、低~中程度のアルコール摂取は認知症リスクの低下と関係があるという現象が指摘されていますが、今回の研究結果がメカニズムを説明するのに役立つ可能性があります

脳トレーニングは役に立たない可能性大