千の風になって原詩 I AM NOT THERE

Line公式アカウント, 伝えたいこと, 報告, 文学っぽい

千の風になって の原詩です。

Do not stand at my grave and weep.
I am not there. I do not sleep.
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sunlight on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning’s hush,
I am the swift uplifting rush of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.
Do not stand at my grave and cry.
I am not there; I did not die.


原詩「I AM NOT THERE」で注目するところは、2行ずつ韻を踏んでいることです。

weep sleep ; blow snow ; grain rain ; hush rush ; flight night ; cry die

かっこよく英語で朗読できたらいいなと思わせる詩です。

google翻訳で、訳してみました。

私の墓に立って泣かないでください。
私はそこにいません。寝ません。
私は千の風になって吹いています。
私は雪の上のダイヤモンドの輝きです。
私は熟した穀物の日光です。
私は穏やかな秋の雨です。
朝の静けさで目覚めたら、
私は、円を描くように飛んでいる静かな鳥の迅速な高揚ラッシュです。
私は夜に輝くやわらかい星です。
私の墓に立って泣かないでください。
私はそこにいません。私は死にませんでした

こちらの原詩は、「ネーミングの言語学」開拓社:窪園晴夫著より引用しました。