Game of thrones 見終わりました

2020年11月7日文学っぽい, 知った・見つけた, 空想

エロチックなドラマなのかと・・・

なんのなんの、とても壮大な物語でした。

人気があるドラマと聞いていましたが、ここまで面白いとは!!

ドラゴンが出てくるし、魔女が出てくるし、歩く死人も出てくるし…

ここのところ、歩く死人のドラマをよく見ています。

ウォーキング・デッド

デイ・アフターZ

鬼滅の刃

死人が歩くなんて、論理的に変です。ありえないことです。現実味がないです。

物語だから許されるということではありません。ドラマはリアリティが大事だと思っています。

しかし、実社会における「脅威」を「歩く死人」としてインスタンス化していると考えるなら、死人が歩いていても物語が成立するのだと理解できました。

Game of Thrones は映像がとんでもなく「美」です。

場面場面、一つ一つが美しい瞬間です。

ドラマ中、どのような瞬間を切り取っても、絵画的な美しさで構成されています。

会話、戦い、風景、食事、儀式、訓練。

残虐なシーンでさえ、絵画のようです。

このような作品をつくることができるなんて奇跡です。

The Lord of the Rings もとても素晴らしい作品だと思っていました。

物語の内容、美しい仕上げ、音楽、最高峰のドラマだと思っていました。

Game of Thrones はさらに超えてしまったような気がします。

外部リンク

Game of Thrones Map(https://quartermaester.info/)