パソコンやスマホでも、暗記は必要

トピックス, パソコン操作

Wordやエクセルを当たり前のように使って文書を作成しています。

文字の大きさや書体、配置などアイコン群を利用して、文書作りをしています。

パソコンに不慣れな人には、フォント・配置・罫線などのアイコンがどこにあるかを示し、操作を覚えていただくようにしています。

一般的なパソコン教室では、教科書に従って操作を習います。

教科書通りに進めることで、復習の時に習ったことを振り返りやすくしています。

つまり、復習することが前提で、パソコン教室の学習が進められます。

ところがパソコン教室で習ったことを救集する方は、少数に限られます。

次に進めるときは、前回の復習を交えて、パソコンの授業になります。

あるいは、別の課題を行っても、以前習った項目を関連付けて授業を進めます。

操作の手順が身につくまで、繰り返し何度も行うことになります。

身につくということは、しっかりと覚えていること。

つまりは頭に入っていること。

暗記ということです。

一度、頭の中に入ってしまえば、操作がスムーズになります。

いろいろな考えに基づき、パソコンやスマホの利用方法を考えつくようになります。

つまり、応用が利くようになるのです。

まずは、頭で覚えること。

その第一歩は暗記することです。