認知症を疑う状況

トピックス

認知症ではないだろうか?特徴的ないくつかの状況をまとめてみました。

  • 最近、怒り方にトゲがあるように感じる。
  • 何に怒っているのかわからない。
  • 理不尽な言いがかりのような怒り方をする。
  • 片付けができない。
  • 冷蔵庫で 期限が過ぎた食品などの処分ができない。
  • 会話のやり取りが、すれ違うことが多い。
  • 質問しても、質問の答えとは違う「言い訳がましい」答えが返ってくる。
  • 会話にゆとりが感じられない。

認知症の方は、感情のコントロールがうまくできなようです。

物事の組み立ても難しいようです。

会話は、論理の組み立てや感情のコントールが端的に表れます。

普段の生活でも、今まできちんと片づけをやっていた人が、片付けができなくなるのは、思考パターンの変化を表しています。

空間認識、順序、組み立て方、一時記憶の欠如が重なるとかつては丁寧にやっていた「片付け」ができなくなってしまいます。

冷蔵庫の古い食品を捨てるという行為は、「捨てる」「利用する」という適切な判断が必要です。

会話には、相手の言っていることに対する理解が必要です。

また自分の言うことの組み立ても重要です。

相手の知識に対して適切な言葉の選び方をして会話をしますが、認知症になると相手への配慮が欠けてきて、自分勝手な話し方になるようです。