ウクライナと展覧会の絵とELP

ひとりごと, 考えてみた

ラジカセから軽快な音楽が流れる。

偶然にラジオ番組から録音した音楽だ。

DJが「ナットロッカー」と紹介する。

展覧会の絵を知るのは、それからしばらくたった後だった。

今まで聞いたことのない音で奏でるクラシック音楽。

展覧会の絵という曲もムソルグスキーという作曲家も知らなかった。

もちろん、シンセサイザーなんていう楽器だって知らなかった。

魅了させられた。

曲の構成

プロムナード Promenade 
こびと The Gnome 
プロムナード Promenade 
賢人 The Sage 
古い城 The Old Castle 
ブルーズ・ヴァリエイション Blues Variation 
プロムナード Promenade 
バーバ・ヤーガの小屋 The Hut Of Baba Yaga 
バーバ・ヤーガの呪い The Curse Of Baba Yaga 
バーバ・ヤーガの小屋 The Hut Of Baba Yaga 
キエフの大門 The Great Gates Of Kiev 

組曲の最後はキエフの大門。

とても雄大な曲だ。

キエフの大門がウクライナにある。

ロシアとウクライナの問題があって、この曲と結びついた。

展覧会の絵を熱心に語っていた友は、もう何年も前に他界した。