文学っぽい, 空想

すすき野に 君遠き母 亡き里や  

すすきみて ふるさとの母 耳遠き 歳をおいこし 遺伝とおもう

文学っぽい, 空想

いつから、ここに立っているのだろうか?

たえずかわりゆく、水鳥の足跡。

ときには、魚をとらえ、ときには、互いに愛し合う鳥たち

たえることがない、水のながれる音。

ときには、激しい水音、と ...