Apple Watch 手に入れた

ひとりごと, やったこと

Apple Watch SE 手に入れた。

40mmスペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド

水の中もご自由に。Apple Watch SEの耐水性能は50メートル。

プールに飛び込んでスプリットやセットを測定しましょう。

オープンウォータースイミングでは、あなたが泳いだ経路をマップ上に映し出すこともできます。

Apple Watch SE にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティには使用しないでください。

シャワーや入浴程度ならいいけど、潜水しないほうがいいようです。

ビールを飲みながら、初期設定をしました。

もやもやした画面になったので、iPhoneで撮影しました。

ところが、iPhoneを最新にしろ、と書かれていて、進みません。

iPhoneの設定から、一般を選んで、ソフトウェア・アップデートしてみました。そこそこ長い時間かかってダウンロードが完了したようです。

ところが、インストールが始まりません。

ここで疑惑が二つ。

  • iPhoneのバージョンが最新になれば、ペアリングが進むのか?
  • アップルウォッチ側で、何かをやる必要があるのでは?

インストールできないので、心の中で変なもやもやが膨れ上がります。

iPhoneの充電状態がとても少なくなっていたので、心を落ち着かせるため充電することにしました。

思うように進まないときは、少しその場から離れてみることも効果的、と経験上知っています。

充電には時間がかかるので、レモンとバジルのウインナーとともにビールの続きを楽しむことにします。

しばらくして、iPhoneをのぞいたら、ソフトウェア・アップデートが終了しています。

充電状態が少ないと、ソフトウェア・アップデートのインストールが進まないようです。

バージョンが最新になったので、ペアリングにチャレンジです。

あっさり、ペアリングできました。