投稿トレーニングをしてみよう

ノウハウ, 文学っぽい

目的

ブログやフェースブック、ツイッターなどに投稿したくても、できない人がいます。

投稿する動機は十分!!

だけど…

  • 文章が書けない、
  • 一歩踏み出せない、
  • 決心がつかない、
  • グズグズしてしまう、
  • 勇気が出ない

そんな方へ、投稿トレーニングをおすすめします。

条件

意味が通じなくてもOK、と割り切りましょう。

文章がおかしいと感じても平気だと思いましょう。

文字の間違い、誤った言葉の使い方は気にしません。

自分の気持ちを言葉にしてみます。

他人を傷つける表現は禁止です。

気持ちがプラスになる前向きの言葉を利用する意識を持ちます。

■ step1 見たままを表現する

エッ?ビックリ、なにこれオモシロイ!!

面白い、これ!!

麦茶って、麦茶と違うよ。

わぁ、5位だった。

■ step2 感じたことと、見たものを組み合わせる

このバッグ、高そう!!

早いと思うよ、店の閉まる時間。

変なマスクを作りました。

おいしそう、どら焼き。

見えないよこの報告書、字が小さい。

もっと食べたい、このおにぎり。でもお腹いっぱいだ。

素敵なハンカチですね。

■ step3 [ いつ ]を入れてみる

昨日、庭掃除をした。おかげで腰が痛い。

4月4日は、キャンディーズが解散した日です。

2週間前に経験した、怖ろしい瞬間。

売上が減ってきたこの時期だから、見直しをします。

■ step4 場所を加えてみる

昨日から病院に通っています。

ベッドの上でタバコを吸わないで。

裏庭には二羽、ニワトリがいなかった。

鶴ヶ島まで歩きました。近かった。

秋田から大宮まで酔っぱらっていました。

■ step5 プラスの言葉で締めくくってみる

大切なハンカチを落とした。誰かに使って欲しい。

生活に困っているけど、明るい家庭です。

悲しいできごとばかりだ。前を向いて歩んでいきたい。

ああ、残念。でも楽しむことができました。

負けたぁぁ!!悔しい。相手がとても強かった。